洛まち 京都の情報を掲載するサイトです   -京都の情報をご案内  洛まち(rakumachi)-    

インディゴブルー

ショッピング, ピックアップ, 地域, 嵯峨嵐山桂エリア, 種類
LINEで送る

天然石や淡水パール、レースやスワロフスキークリスタル、ゴールドやシルバーのメタルなど…デザイナーのインスピレーションから生まれるアクセサリーの数々 一生モノと思って頂けるような永く愛される洋服づくりをモットーにシルエットやバランス、ディティールに拘った大人の為の洋服のコレクション アクセサリーも洋服も全ての工程をハンドメイドで行っております。天然石シリーズは満月の光でパワーチャージを施したり洋服の生地は納得できる物を探し理想の色が出るまで染色もします。どちらも大量生産は出来ませんが1点1点心を込めてお作りしています。毎週少しずつ新しい商品が入荷しますのでお楽しみに…。

インディゴブルー
インディゴブルー 販売というキャリアの中で、沢山の方との出会いがあり多くの経験をさせて頂きました。
移りゆく時代の流れの中で”物を売る”目的と”買う”という行為だけでお店が成立しているなと、少し寂しく感じる事も増えてきました。
そんな中でも目の前のお客様が素敵な物と出会い私の一言で笑顔になっていかれる瞬間や些細な会話の中で表情が綻ぶ瞬間に支えられてきたように思います。

ゆったりとした時間の流れの中でお客様1人1人に心から寛いで頂きお買い物を楽しんで頂ける空間でありたい…。

アトリエサロンにて皆様のお越しをお待ちしております。
いつか自分のお店が持てたら・・・できるだけ静かで、でも不便ではなくて・・・ヨーロッパの小さな専

問店のようにぬくもりのある空間で・・・などと妄想していたら色々なシンクロが起こりこの度ご縁を

頂いて気づいたら理想どうりのお店ができました。


この辺りをお散歩コースにしてられる方々や近所にお住まいのご家族、近くの幼稚園や保育園帰り

のママさん達。 突然できたお店に興味津々で 恐る恐る?お店を覗きにいらして下さいます。

インディゴブルーはアクセサリーとお洋服のお店です。 インディゴブルーとは私が好きな色です。

例えるなら晴れた日の夜空の色かな・・・。

お店というのはお客様と作り手とのコラボレーションだと思ってます。 お店に来て下さった

お客様の色んなお声を頂きながら素敵な空間を作っていきたいと思っています。

通りからお店が見えないので皆様立ち止まって様子を窺われるのですが、皆様どうぞ

怖がらずに??入って」きて下さいね。 皆様のお越しをお待ちしてます。
☆ アクセサリーのオーダーについて 長年沢山のお客様と接していく中で…(このパーツはとても気に入っているけど大きすぎる)…や …(この洋服に合わせて合うアクセサリーが欲しい)…などのお声も多く頂きました。
インディゴブルーではアクセサリーをお作りするオーダーも賜ります。
全てのご要望にお応え出来るとは限りませんがご相談の上お気に入りのアクセサリーをお作りします。

☆お気軽にお問い合わせ下さいませ。

価格は素材やデザインにより異なります。アクセサリーオーダー ¥15000~
名称インディゴブルー
住所〒615-8274
京都市西京区山田上ノ町25
営業時間10:30~19:00(4月~9月)
10:30~18:30(3月~10月)
MAILmoodindigo20123@gmail.com
URLhttp://moodindigo444.com
インディゴブルーではアクセサリーをお作りするオーダーも賜ります。

福田万弓  デザイナー アトリエサロンオーナー

大阪モード学園ファッションスタイリスト学部卒業後、アパレルメーカーでのアクセサリー、小物デザイン、バイイング、アクセサリー、ジュエリー、インポートレディスウェアの販売のキャリアの中でジュエリーデザインを学び、2013 京都 苔香居にてインディゴブルーをスタート
京都 西山 茅葺屋根を支える重工な扉をくぐるとそこにはひっそりと深い緑が広がり一瞬にして空気が変わります。 玄関では江戸時代に実際使われていたという駕籠と対面…京都市の文化庁登録有形文化財指定という厳粛さに圧倒されながらも家屋に足を踏み入れるとそこには電気やガスもなかった時代の囲炉裏やご飯を炊くおくどさんとよばれる御釜や古井戸…。
400年もの間脈々と受け継がれてきた山口家の人々の日々の営みの中で育まれたぬくもりに触れ昔からそこにいたかのような懐かしさを感じます。

初めてお邪魔した時玄関脇のアトリエには心を奪われました。
絵画やアートがご趣味だったという先々代のご当主の時に設えられたそうです。
和の佇まいの中の洋はとてもモダンで新鮮です。
昼間は日の光が柔らかく差し込み窓から見える緑に心が癒されます。
夏はひんやりと涼しく寒い冬でもなぜかぬくもりを感じ、歴代のご当主がこの場所をとても愛され楽しい時間を過ごされた余韻が今も微かに残っているかのようです。昔からヨーロッパに強く惹かれ時間を見つけては滞在していましたがパリやイギリスの小さな専門店のように心から寛げる空間をこの場所で作れたらどんなに素敵だろうな…とこの度ご縁を頂きインディゴブルーのアトリエサロンが誕生しました。
インディコブルー

インディゴブルー